高校留学の種類別の特徴について

main-img

高校留学の代表的な方法として、交換留学があります。

評判が高い高校留学の情報を求める人におすすめです。

交換留学であれば日本の高校に所属した状態のままで留学を行う方法で、留学期間は1年間となることが多いです。

留学を終了すると日本の高校に戻ってきて、そのまま卒業を目指すことになります。


交換留学をするときには、国外の高校の卒業資格を取得するものではないことを把握しておいたほうが良いでしょう。



交換留学をするためには、ボランティア組織の団体に申込みをして、試験に合格することが条件となります。

従って、交換留学はだれでも簡単に参加できる高校留学の方法ではなく、条件を満たした場合にのみ可能な方法と言えます。

受け入れ先の学校と留学生を交換する制度で、費用面においても公的な資金が使用されていますので、自分で高校留学の行先を決めることはできません。

その代わりメリットとして、1年間の費用が100〜150万円ほどしかかかりませんので、自費で留学をする私費留学のときと比較するとかなり安値で行くことができます。

教えて!gooサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

自分で費用を支払って行く方法が私費留学で、交換留学とは異なり自分で行先の学校を選びます。
国についても指定されていることはなく、柔軟に選択できることが特徴です。期間も自由ですので自分のペースで海外での生活に興味を持っている場合や、将来的な就職を見越して経験しておきたいことが決まっているときに留学する方法などがあります。
私費留学であれば滞在期間も滞在国も自由ですし、1年のうちに4回の留学機会があることも交換留学とは異なる特徴となります。

知りたい情報

subpage01

日本のグローバル化に伴い、高校生活を海外で過ごす事で10代の間に語学を習得する事が可能となりました。そんな高校留学に関しては、大きく分けて二つの種類があります。...

more

意外な真実

subpage02

海外の学校へ高校留学を検討している人にとっては、実際に学校を卒業できるのかどうか不安に感じることもあるかもしれません。しかし、事前に海外の学校のシステムをしっかり理解しておく事で、卒業できるかどうかの心配をしなくてもよくなる事でしょう。...

more

留学の情報まとめ

subpage03

学生時代に留学を経験しておくと、将来よりグローバルな社会になった際に語学の面でも高いアドバンテージを持つことが出来ます。日本を離れ海外での生活を通して、グローバルなマインドを身につけ、そして日本に限らず世界で活躍できる人材へと成長できることでしょう。...

more

おすすめ情報

subpage04

高校生という多感な時期に留学することで、言葉だけではなく世界や人生について広く考えられるようになります。海外へ高校留学するというのは大きなチャレンジですが、今後は日本でもグローバルな人材を必要とされることを考えれば、決して変わったことではなくなる可能性が高いです。...

more