卒業する学校から選択可能な高校留学

subpage01

学生時代に留学を経験しておくと、将来よりグローバルな社会になった際に語学の面でも高いアドバンテージを持つことが出来ます。
日本を離れ海外での生活を通して、グローバルなマインドを身につけ、そして日本に限らず世界で活躍できる人材へと成長できることでしょう。



そんな海外への留学の方法として、高校留学生活を海外で過ごす方法に注目が集まっています。

教えて!gooの口コミ情報を掲載しています。

高校生活を海外で過ごす中で、卒業する学校を日本にするのか、もしくは海外にするのかにより、利用する留学制度が異なることはご存知でしょうか。



日本の高校に通いながら、かつ日本の高校の卒業を考えている場合には、1年間などの期間を限定して海外で学ぶ方法があります。
1年間は海外の学校で学ぶが、実際に卒業資格を得るのは日本という流れとなります。

そして卒業自体を海外の高校にて実現をする場合には、2年から4年ほどの期間が必要となるケースが多くなります。
実際に現地の学校で長期間学ぶ事になるため、事前にある程度の語学力は備えておいた方が生活する上で役に立つ事でしょう。

高校留学での卒業する形を事前に決めておくことで、選択すべき学校や、準備を始める時期も異なります。海外の学校を卒業する場合には、3月末が卒業時期になるとは限りませんので、卒業時期に関しても事前に高校留学を検討している学校へ問い合わせておきましょう。
もし日本の大学へ進学する際には、入学時期の調整が必要となりますので、必ず卒業予定の日程は確認しておきましょう。