日本とは卒業の概念が異なる高校留学

subpage01

海外の学校へ高校留学を検討している人にとっては、実際に学校を卒業できるのかどうか不安に感じることもあるかもしれません。

しかし、事前に海外の学校のシステムをしっかり理解しておく事で、卒業できるかどうかの心配をしなくてもよくなる事でしょう。
日本を離れ、海外への高校留学を検討している人は、まず海外の学校の概念を理解してみましょう。



日本とは大きく異なることが多く、日本の高校とは異なる点を理解しましょう。

海外の高校の多くは、単位制を導入していることが多く、日本の学校の様なクラス単位で進める授業ではなく、各授業の受講希望者によって各クラスが形成される考え方となります。
日本の大学の授業をイメージすると分かりやすいでしょう。



希望する授業や講義に合わせて時間割を作成する事になり、授業毎にクラスメイトが変わることは珍しくありません。


そのため、海外の映画等で学校のシーンが流れると、廊下にロッカーがある意味は、授業の度に生徒が部屋を移動するためです。


この様に授業毎に違うクラスに行き、そして本人が希望する授業を選択出来る点は魅力的に感じることでしょう。
実際に海外の学校へ高校留学する際には、事前に時間割を決めるために各授業の特徴を知っておくと良いでしょう。先生や授業の特徴で選択するとより高い興味を持って授業に望むことが出来るでしょう。



海外の学校の多くがこの単位制の授業で展開されていますのが、事前に学校側に問い合わせておくとよいかもしれません。