自費高校留学と交換留学の違い

subpage01

日本のグローバル化に伴い、高校生活を海外で過ごす事で10代の間に語学を習得する事が可能となりました。

そんな高校留学に関しては、大きく分けて二つの種類があります。

まず自費留学の形態で、ご自身で必要経費をすべて負担する高校留学スタイルとなります。
そのため、留学先の国の選定から、学校の選定、滞在先の選定に至るまで、高校留学を希望に合わせてカスタマイズ出来る点が魅力的ですが、すべて一から決めるという点では手間に感じることもあるかもしれません。
しかし、留学のアレンジを行う留学エージェントに依頼する事で希望に合わせた学校を選定し、現地での生活のサポートもしてくれることもありますが、コーディネートの費用が別途発生しますので、予算と相談しながら検討すると良いでしょう。



そして交換留学を利用するメリットとしては、コストを大きく削減できる点です。



国際交流が目的となっているため、支援団体がいたり、学校同士が提携していることもあります。
しかし、すでに留学先が決まっていることも多いため、希望に沿ったカスタマイズは難しいでしょう。国や学校、そして留学の期間まですでにパッケージングされている事が多いため、事前に詳細を確認しておきましょう。そして交換留学の場合、希望者を募って選考が行われ、決まった枠の人数しか参加できないこともありますので、必ず参加出来る訳ではない点は事前に理解をしておくと良いでしょう。



この様に同じ留学と一言で言っても、コストの点や内容が異なりますので、より希望にあった留学スタイルを選択する様にしましょう。